コラム

生きる言葉 (18.1.16)


京都に帰省した際のこと、
清水寺につながる二寧坂で写真を撮る女子高生たちの会話
 
「ばえだね~」
「だね~」
 
クエスチョンを頭に抱えながらしばらく歩いていてやっとわかった。インスタ映えのことか。
インスタ映えですら私にしたらイマドキすぎる言葉なのに。
 
好きな映画「舟を編む」で
 
言葉は生き物で時代とともに変化する
 
と言っていた。
 
書物を作ることを「編む」と表現することを初めて知り、その時代に流行した言葉や略語なども
新語として辞書に編まれることはかなり興味深く辞書の見方も大きく変わるなと思った。
 
言葉はその時代を表現し、本当に自由で生きてるなと納得しつつ、まだまだ気持ちは女子高生のままだと思っていた自分だが、時が過ぎたものだと感じた。
 
(佐藤)

卓球の思い出 (18.1.15)

初めてのコラム参加になります。

 

何を載せようか...と考えた時、まず思い浮かんだのが、最近お昼休憩の時にしている卓球のことでした。

最初、事務所3階に、どん、と居座る卓球台を見て、思わず笑ってしまいました。

あまりにも、「会議室」とかけ離れた風景な気がして。

が、卓球をし始め何回か経つと、ちょっと上手になって、これが意外に楽しい。休憩時間のいいリフレッシュになっています。

私は中学時代に卓球部に入っていました。けれど中学3年で引退したあとはそれっきりで、卓球に全く関わることもなく過ごしてきました。今になって、卓球を少しの時間だけどするようになり、不思議な気持ちがすると同時に、忘れていた中学時代の部活のことを思い出すことが多くなりました。

体育館の隅で一列になって素振りしたこと、部活の友達と外周しながら好きなアーティストについて話したこと、試合に負けて悔しかったこと。

忘れていた記憶がたくさんあることに驚き、また過ぎ去った時間のかけがえのなさを実感します。

今もいずれは過去に変わることを、改めて思い直しました。

 

それはさておき、いい運動にもなっている卓球をしばらく続けようと思います。

皆さんもぜひお昼休み、一緒に卓球しましょう! (岡)

香川県にきて1年が経ちました。 (18.1.11)

香川県に来て、1年が経ちました。これまで進学や就職、家族の転勤などで三重→埼玉→大阪→山口と移り住んできましたので、香川県で5県目です。

香川県にきてハマったものといえば、盆栽、お遍路、栗林公園、地中美術館などなど。盆栽まつりに行って、自分好みの盆栽を吟味して、購入。剪定にも挑戦してみようかなと思ったり。まさか、自分が盆栽に興味を持つとは、1年前には思ってもみませんでした。

旅行と移り住むことの違いは、その土地で興味が湧いたものに対して、何度も足を運んで、魅力を追求できる点でしょうか。よく転勤族は大変だね、と言われますが、新しい自分が発見できるので、なかなかいいものです。(かのう)

岩盤浴 (18.1.10)

寒い時期が続きます。
1年を通して通いますが、この時期に行くと夜寝るときまで
普段は冷えに冷えた足先や手先までほかほかと暖かく、寝
付きが良くなる気がします。

行きつけのお店の受付の方はだいぶ、年配の方で、80歳
をすぎていらっしゃる様ですが、いつもお元気なので先日、
元気の秘訣を聞いてみました。

すると
「楽しみを持つ事!!」
と言うお返事でした。

私も趣味を増やしつつ、まだまだ楽しく元気に過ごしたいな
と思いました。

神頼み (18.1.5)

2018年が始まりました。
今年の私は今までの私とは一味違う・・・なぜなら、「受験生の母」だから!!
周りからは、「プレッシャーを掛けないように。」「優しくしてあげるように。」等々のアドバイスを頂きますが、いつも以上に鬼になってしまう(==;)

この週末は息子の為に、あらゆる神社に合格祈願に行こうと思います★
そんな優しい母であった。。。

ミヤニシ

クワガタ (17.12.28)

我が家にはオオクワガタが3匹います。
私が虫が苦手なので5年生の長男の部屋で飼っています。飼う条件として、虫嫌いの母はクワガタの世話を一切しないので、世話をしなければ山に返すということにし、それを約束させました。
数年前にもオオクワガタを飼っていたのですが長男が世話を放棄したので今回どうなるか見守っていました。
現在、飼い始めてから1年以上が経ちました。今は土に潜って餌も食べませんが土を霧吹きで湿らせたり、マメに世話をしています。たまに土を掘り起こしクワガタに指を挟まれたりもしていますが、繁殖をさせようと調べる様子を見るとなんだか成長したなぁと感じました。

池内

2017年振り返り (17.12.27)

今年の初めに運気が良い誕生日ランキングをたまたまテレビ番組でみた。

なんと私の誕生日は13位にランクインしていた。

しかし、数日後にまたたまたまみていたテレビ番組で、2017年は名前に「さんずい」が付く人は注意をする必要があると放送されていた。

私は、姓と名に1つずつさんずいの付く字が入っている。

ちなみに2016年は「高」の字が名前に入っている人は要注意だったようで、芸能人でも何人か当てはまっていた。

今年を振り返ると、今まであまりなかったが今年は3回も転んだ。大怪我にはならなかったが、3回とも軽く足を負傷し、傷がなかなか治らず数週間痛みに苦しんだ。

振り返ってみるとやはり今年は要注意な一年だったように思う。

ちなみに2018年の私の運勢は12年に一度の大幸運期であるとのこと。

どんないいことが起こるのか楽しみである。

 

浅野

年の瀬 (17.12.26)

 年の瀬が迫り、もうすぐ今年も終わります。この時期は慌ただしい時期でもありますが、新年に向けて新しい気持ちで頑張ろうと気持ちを新たにリセットできる大事な時期でもあります。
 「年の瀬」ですが、「瀬」には川の浅い場所、流れが速く急な場所で、船で渡るのが危険なところという意味があります。
 その昔、江戸時代の生活はツケが多く、その場での支払いはせず、お金が入った時にまとめて支払いをしていたようです。ツケは年内に支払って、まっさらな状態で新年を迎えたいという考えがあり、支払わないと年を越す事が出来ない。しかし支払ってしまうと食べ物が買えない。食べ物が買えないどころか、寒い季節に暖をとることができないと命まで危うくなる。そういう鬼気迫る状況を、川の瀬にたとえて表現したそうです。
 これから忘年会やお正月などど出費が多いですが、江戸時代の人もお金のやりくりに頭を悩ませていたのですね。
(黒田)

クリスマスイブ (17.12.25)

世間ではクリスマス商戦真っ只中だったであろうクリスマスイブでしたが、我が家ではほぼ無縁の話で終わりました。ただ、普段どおり、休日にゆっくり妻と一緒に料理を作る時間が結構大切な時間であるように思います。家族で過ごす時間の積み重ねが人生の宝物になるように思います。
(田村)

帰朝茶会 (17.12.22)

先日お茶会に参加してきました。

今回のテーマは「ミャンマー」で、先生が以前訪れたミャンマーの茶器を使いお手前をしました。

お茶もお菓子もミャンマーのものを使い、いつもとは全く異なったお茶会となりました。

いつもと茶器が違うため、お手前を間違えないかドキドキしましたが、何とかミスなく終えることができました。

また、会場も玉藻城の飛雲閣で行い、普段立ち入ることのできない場所ででき、とても有意義なお茶会となりました。

(五味)

ページトップへ