コラム

5月1日から「実例でみる介護事業所の経営と労務管理」が発売に! (09.4.30)

 昨年6月に、日本法令から「多くの問題を抱えている介護事業所の経営に光をあてる書籍を出したい」と依頼がありました。それ以来、関東、関西方面や県内の心ある介護事業所を訪問して準備をしてきました。

 各地の介護事業の実態のヒアリングと、法改正の動向、現場における労務管理の諸問題などの論点を設定し、内容を検討し続けました。

 その後、今年春の介護報酬の改定の動向や、介護認定方法の「改悪」(認定の軽度化)もあり、これらについての検討も含めて記述の再考が次々と求められました。出版の校正のギリギリまで法改正などの反映が求められ続け、まさに「体力勝負」の日々が続きました。

 「本を書く」ということは「格闘技」とも思える日々が続きましたが、出版の時を迎えて感慨深いものがあります。

 多くの介護事業所の経営者・管理者と、そして介護事業に関わりのある専門家の方々に一読をしてもらえればと思っています。

 

胃カメラ (09.4.28)

 大げさですが、先日、一大決心で人生初の胃カメラ検査をしました。

 毎年、バリウム検査はしていて、ずっと異常なしだったのですが、2月の健康診断でポリープがあると言われてしまったのです。様子見でOKとのことだったのですが、ポリープがあると言われると、何となく胃の調子がおかしいような気がしてしまい、思い切って胃カメラ検査を決めたのです。

 今まで胃カメラ検査を受けた何人かの友人の話では、かなりつらいものだと聞いていたので、絶対に胃カメラだけはしたくないと思っていたのですが・・・

 検査を決めてから検査日まで1ヶ月ほどあり、ずっと気が重く、特に検査前日は、かなりビビっていましたが、前日に社内の先輩から「バリウムより全然楽だよ」という神の声を聞き、そういう人もいるんだなとすごくホッとしました。

 検査当日は、覚悟を決めて病院に行きましたが、うどんくらいの太さと聞いていたカメラの管が予想以上に太く「こんなうどん食べたこと無いよ~」と一瞬泣きそうになりました。でも、検査自体は最初に喉を管が通る時は苦しかったけど、後は思ったより楽に検査を受けられました。結果はポリープが3つほどあり、どれも良性で心配ないとのことでしたが、「来年からはバリウムでなく胃カメラにして下さい」と言われてしまいました。まぁ仕方無いです・・・

 とりあえず人生初の胃カメラは無事クリアしました。

(齋藤 美穂)

ETC (09.4.27)

 最近思うのですが、朝の通勤時間帯の車の数が減っているように思います。そのせいか、いつもの時間帯に家を出ても、早く会社に着きます。もちろん、制限速度は、守っています。なので、少し遅いくらいの時間でも、遅刻せずに会社に会社に着くようになっています。逆に、高速道路はどうかな?と思って、高速に乗ってみると・・・すごく車が多いです。対向車も多いです。

 そう、ETCの給付金効果だと思います。みなさん、土日・祝日の「高速道路1000円乗り放題」だけでなく「通勤時間割引」も、活用しているようです。ちなみに私も、給付金を待って、ETC搭載しました。

 もう、ゴールデンウィークですね。事故に気をつけて、楽しい休日を、過ごしたいと思います。

(長谷 由紀)

体操服。 (09.4.24)

  中2になる娘は、部活でバドミントン部に所属している。先日、お友達のお母さんから電話があり、どうやら2年生になると、体操服で部活に行くのは「ダサい」ので、メーカーのユニフォームを練習用にほとんどの子供がそろえているという。で、どれを買うか?という相談だったのだけれど、びっくりした。全く知らなかった。娘に聞いてみると、「私はバドミントンが出来たらいい。格好は関係ない」とのこと。我が子ながら感心した。本当にそう思う。中学校の部活だもの、体操服で何が悪い。その態度を褒めちぎった後、皆と同じようなユニフォームを買ってやった。そして、今日やっぱり体操服を着て朝練に行く娘であった。

(是松郁子)

その気になれない・・・ (09.4.23)

 28日、1日と林さんから、コラム記載の催告メールが来た。私は、コラム創りは嫌いではない。しかし、気が乗らない時がある。そんな時は、書けないのである。 解かるかな。(09・5・1)

 (乃口健一)

栗林公園 (09.4.22)

4月は、皆さんご存知のように労働保険料の年度更新で事務所はてんやわんやの騒ぎです。私も例にもれず仕事に翻弄されている毎日なのですが、娘の遠足にはやはり出たいのが親心・・・というわけで、遠足に参加してきました。場所は栗林公園です。ミシュラン3つ星・・・でしたっけ?久しぶりに行きましたが、なかなか楽しかったです。今まで何度か行っていますが、その都度ここははじめてくるなーという場所もあり、発見することも多いです。相変わらず鯉は食欲旺盛でした。お勧めのえさのやり方としては、園内で売っている長い「ふ」を、ちぎらずに棒のまま鯉の口に持っていくと、鯉がぼすぼすと噛みちぎるので、その感触がたまらなくぞくぞくします。娘はそのえさのやり方が正規の方法だと思っているようで、他の園児とはちがった雰囲気をかもし出していました。(森田)

迷っています。 (09.4.21)

  最近、買おうかどうしようか迷っているものがあります。
  知人に薦められているのですが、確かにあれば良いものです。旅行には必ず持っていくものなのですが、今使っているものでは多少不満に思っているところでした。
  ただ、私にとっては結構な値段のものですし、本格的に使うのは年に2・3回でしょう。仮に買ったとしても、私の出不精が治るとも思えませんし、それもあって迷っているのです。

  もし買ったら、次回お知らせすることにします。

母、頑張る (09.4.20)

 最近、子供中心の生活をしている。
今は私が子供の世話を全て担っているので、子供にべったり。
この生活をスタートしてからは、時間に追われる毎日。好きなテレビが見たい、お風呂にゆっくり入り
たい、などなど色々ストレスも多いが、子供と改めて向き合えた気もする。
大変だけれど、子供の為だから頑張れるし、自分も成長している・・・と思ってやるしかないかな。
今はゴールデンウイークが一番の楽しみ。主人が帰ってくるのを、心待ちにしている。
少しは子供のお世話から解放され、自分の時間を楽しめるかな。 

(小森 鹿乃子)

レオマ (09.4.17)

姪っ子が春休みの時に、レオマのおもちゃ王国に行きたいというので、久しぶりに休みを取って遊びに行ってきました。平日ということもあって結構すいていたので、いろいろ乗り物に付き合わされました。ジェットコースターも3種類あるのですが、屋外で池の上を走るジェットコースターは"もう1回乗る!"というので2回目乗って、降りているとまわりの子供たちは全力疾走!空いているので降りたジェットコースターにまた乗る!を繰り返しているのです。姪っ子も"行く!"というので見送りました。やっぱり子供はパワフルだなぁと実感した1日でした。

(岡野 里恵)

 

牡丹祭 (09.4.16)

 先日、三豊にある薬王寺まで両親と一緒に牡丹を見に行って来ました。丁度週末ということも重なり、かなりの人出でした。行く道中路上駐車している車も多く、道幅も狭く、駐車場にたどり着くのがやっとでした。

 駐車場についたら今度は満車になっていて、なかなか駐車できません。ようやく駐車できて車をおりると駐車場整理のおじさんにどこから聞かれたのか尋ねられ、川之江というと川之江だったら牡丹で有名なお寺がある。ここよりもっと手入れされててきれいだと聞かされました。そのお寺は私の実家から徒歩5分の距離にあるいつもいっているお寺だったのです。牡丹祭もそこそこに帰りにおいしいそばを食べて帰ってきました。

 灯台もと暗しとはこのことですね。(近藤 麻美)

[1] [2] [3]
ページトップへ