コラム

息子の家出 (17.11.20)

私にはかわいい受験生の息子がおります。

周りからは「親が神経質になったらダメ」と散々言われていましたが、、、

夜な夜なケータイを握り締めユーチューブを見ながら爆笑する息子。 → 横でイライラする私。
→ 成績が下がる息子。 → 鬼に変身する私。 → 鬼vs受験生の大乱闘

大乱闘の末、息子はおばあちゃんの家に家出をしました。
お互い引くに引けず、3日程冷戦が続き、話し合いの末4日目に無事仲直り。

受験生の親って、こんなにも大変なんですね(++)
お父さん、お母さん、ありがとう!!と改めて感謝しました。

そして息子よ、共に合格目指してがんばろう♪

フレイルドミノ (17.11.15)

やや硬派な話ですが、先日、介護関係の業界紙を読んでいて目新しいキーワードに出会いました。
「フレイルドミノ」です。
ドミノ倒しという言葉は分かりますが「フレイル」は分かりませんでした。
そこで、調べてみたところ

社会とのつながりの低下
生活範囲が小さくなる
活気がなくなる
口腔機能が落ちる
栄養状態が悪くなる
身体が弱る

という流れで介護が必要になる、ということのようでした。
いつまでも元気で社会に関わっていくことが、健康寿命を延伸させる力になるのだ、と改めて再認識しました。(林哲也)
fure.png

変わるものと変わらないもの。 (17.11.13)

 今年は、三重の実家近くにある神社の20年に一度の式年遷宮の年にあたります。1ヶ月程前に主人と共に、ご造営の式典にいってきました。

 この神社は地震除災の神様と言われています。拝殿西側には「要石(かなめいし)」が祀られており、これが大地を揺るがす大なまずをしっかりと押さえているんだとか。

 当日は獅子舞を見て、餅拾いにも参加。頭の上から次から次へと降ってくる餅についつい必死になって拾ってしまいました。

 20年振りに新しくなった煌びやかな社殿に、昔と変わらぬ優しい顔の宮司さん。変わるものと変わらないもの。地元にほっとした気持ちが湧き、また帰りたいなと思わせたのでした。

 さて、次の式年遷宮のとき私は52歳、その次は72歳でその次は92歳!?あと3回は参加したいので、健康に気をつけて、日々をすごしていきたいと思います!(かのう)

 

テニスボールマッサージ (17.11.8)

運動しやすい季節になってきました。
運動したあと、皆さんそのままで過ごされていませんか?
筋肉痛の防止や酷使した筋肉をほぐすのに簡単で効果の
高いのがテニスボールマッサージです。

方法は本当に簡単。
用意するのはテニスボールを2つだけ。
ボールを床に置いたらその上に乗って転がるだけです。
リンパ線やリンパ節に沿って動かしてみてください。
次の日の筋肉痛が大分楽になりますよ。

肩こりや腰痛にも効果が高いので是非、試してみてくださいね。
ポイントは呼吸を止めずに行う事。
余裕のある方はアロマオイルをたきながらゆっくりリラックスし
ながらもオススメです。


大須賀

前歯の治療中 (17.11.1)

 前歯の1本が差し歯なのですが(かなり昔に折れました)、その前歯に1か月くらい前から違和感があり、とうとうグラつき始めたので、歯医者さんで治療することにしました。
 最初に、差し歯を引き抜き歯の根っこ部分にばい菌が入らない等の処置をして、次の通院時には根っこの型をとり、最後に歯型をとり前歯が完成といった治療になるそうです。
 治療期間中は、今まで使っていた歯を仮止めして使うのでとれやすいそうです。前歯で硬い食べ物を噛むことが出来ません。今まで、普通に食べ物を食べられていたのに歯が一つないだけで不自由になり、歯が取れるのを気にしながら食べるので、食事もおいしくなくなりました。
 病気をしたときにはじめて健康のありがたさが分かるといいますが、いつまでもおいしいものを自分の歯で食べられるように、元気な歯でいたいと改めて思いました。
(黒田)

スポーツの秋? (17.10.31)

最近になり、それまでの運動不足を反省し、週に2回程度はトレーニングジムに通うようにしています。
年齢もあり、なかなか効果が見られませんが...。
無心に運動に集中するのが楽しく感じられるようになってきたので、長く続けたいと思います。
(田村)

庵治石ガラス (17.10.30)

先日庵治石ガラスの工房にお邪魔しました。

庵治石をガラスに混ぜるとガラスが青空のような青色になるそうで、とても綺麗でした。

職人さんは女性の方で、とても可愛らしい方だったので、驚きました。

さらに、現在妊娠中とのこと。

そのため作品作りができるのが今年いっぱいで、その後はしばらくお休みするそう。

また近いうちに工房にお邪魔しようと思いました。

(五味)

オリーブ三昧 (17.10.27)

 先日、小豆島に遊びに行った。

この時期はオリーブの収穫期で、今が旬のオリーブの新漬やオリーブオイル等が店頭においてあった。期間限定に弱い私は、早速それぞれ購入。試食した数品種のオリーブの新漬は品種によって食感や味が違い、面白いな、と感じた。稀品種は非売品で、試食のみ。意外にも一番美味しかった。最近スーパーでもオリーブ牛やオリーブはまち、オリーブ豚などが出回っている。飼料にオリーブの搾りかすを混ぜて飼育しているようで、柔らかい肉質や臭みが少ないなどの効果があるらしい。元々オリーブ好きではあるが、なるべくオリーブを冠した食材を購入しよう、と心に決めた小豆島旅行だった。     (東)

 

国難倍増総選挙 (17.10.26)

 国難突破と銘打って行われた解散総選挙だったが、首相の解散権や小選挙区制度の問題点に加え、政治家の資質の問題についても大きくクローズアップされ、結果的に国難倍増選挙の結果になったように思う。

 今回の選挙の投票率は戦後2番目に低く、有権者の半分近くは投票しなかったことことになるそうである。政治のレベルは国民のレベルと言われる。国難突破の鍵は我々一人一人に託されている。

 

 (秋彦)

(17.10.25)

 最近事務所に卓球スペースができました。卓球、何年ぶりだろう??という感じでしたが、実際やってみると楽しく、いい運動になります。卓球で思い出すのが、父との思い出。父はずっと卓球部だったようで、マイラケットも自分の手に合うように削られていました。子供の頃、父と体育館で卓球を始めてしたのですが、父は何に対してもスパルタで、子供とはいえ容赦しないため涙の思い出になりました。その後、休日にボーリングに父と行った時も同じように強烈に叱られ、もう二度と父とスポーツはしないと決意したのを覚えています。
 そんな父も、定年を迎えてしばらく経ちますが、週2日のゴルフと釣と家庭菜園を楽しむ毎日を送っています。まだトラウマはありますが、いつの日か父と一緒にゴルフを回れる日がくればいいなとひそかに思っています。
新開
ページトップへ