コラム

しもやけ (17.2.17)

 ここ数年来、冬になると幼児のように、手にしもやけが出来る。

事務職にはつらい手になる。

先日TVで、しもやけにはビタミンEが効くと情報を仕入れ、比較的食べやすいアーモンドの素焼きを毎日食べるようにしている。

結構効果があり、症状が和らいだので喜んでいたのに、昨日くらいから再発してしまった。

確かに寒暖の差が激しい2月。

桜の季節まで、あともう少し。

春の訪れとともに、しもやけも引くので、もうしばらく我慢、我慢!

                                            (東)

心遣い (17.2.15)

 今朝たまに行くコンビニでほっこりすることがありました。

 そこの店員さんは60代くらいの女性でいつもにこやかに声を掛けてくれるので気持ちがいいなと思っていました。外は寒いですが冷たい飲み物が飲みたくなり、ペットボトルを買いました。財布からお金を出そうとした時に「勝手につけましたが。手が冷たいと思って」と言われ、「?」と思って見るとペットボトルにカバーがつけられていました。
思わず笑ってしまいました。

 きっとよくあるおまけのペットボトルカバーが余っていたんだと思いますが、その心遣いが予期せぬもので驚きと面白さと女性の優しさでほっこりしました。

新開

(17.2.14)

今年の立春は2月4日から18日くらいまでだそうですが、それを過ぎれば少しずつ暖かくなるのでしょうか。

いつもは年末年始がとても寒くなる印象があったのですが、今年はそれほどでもなかったような気がしました。

暖かくなってきたら梅が咲いたり、桜が咲いたり・・・・・、と草花の美しい季節になってきますので楽しみです。

筒口

ドラゴンボールZ (17.2.13)

   宇宙には地球と同じような惑星が7つあるらしい。

   UFOも宇宙人もいるのだ。

 

   中学生の頃、部活終わりに後片付けをしていたとき西の空に突然物体が現れた。

   それは空中に静止したかと思うと突如ジグザグに軌道を描き、現れたときと同じように

 忽然と消えた。

   同じバレー部の仲間5~6人で目撃したから間違いない。あれはやはりUFOだったのだ。

    まるでドラゴンボールZだ。

     

                                                 敦子

 

 

 

2月 (17.2.10)

日本では四季があるように時期時期でいろんな行事が行われている。

お正月、初詣、成人式など宗教から来るものが多いのだが、最近は

クリスマス、ハロウィンなど信仰している宗教ではない関係のものも多い。

たいていは商売がからんだもののようだ。

今月は節分、恵方巻き、バレンタインデー

このすべてに参加している。

少しは、日本の内需拡大に貢献できたかな

                                          (惣)

 

「っ」 (17.2.8)

 春に小学生になる長男。保育園でもひらがなの読み書きを練習しているようで、もちろん家でも自由帳を持ってきて、字や絵をたくさんかいています。

 ある日、絵本を大きな声で読んでいると「これなんて読むん?」と聞かれて、困ったことが。「~なって」とか「~だった」というのが文中に出てきたようで、小さい「っ」、これは一体何?!と質問攻撃が。

それは小さい「つ」で・・・と、あーだこーだと説明してみましたが、イマイチ納得がいっていない様子。結局、書いているとおりの読み方を教えるととりあえず同じように声に出して読んでくれました。

 別の日、また絵本を読んでいると、つまずきながらもちゃんと読めるようになっていました。きっと保育園のおかげだろうなと思いながら、知らない間に読めるようになっていることに驚きました。

 今、彼は字に興味津々!硬筆を習いに行きたいと意欲がわいているので、その気持ちが冷めないうちに教室をみつけようと思います。

深野

 

牡蠣の季節です (17.2.7)

 美味しい牡蠣の季節がやってきました。我が家はみんな大好きなので毎年殻つきの牡蠣を買ってきて炭で焼いて楽しみます。いつもは食べるのが専門だった息子が今年は軍手をして牡蠣ナイフを持って、殻がはじけて飛んでくるのをよけながら焼いてくれたおかげで、のんびり食べることができました。

 昨年は牡蠣があまりとれなかったみたいで残念な思いをしましたが、今年は豊作でたくさん取れ中の身も大きくとっても美味しくいただきました。

(六)

誕生日を迎えて (17.2.5)

多くの方に、誕生日祝いの言葉を頂きました。ひとつひとつのお言葉に、お返しの言葉を贈れませんでした。

嬉しくもあり、微妙な還暦の60歳。

それなりに仕事を調整しようとしていた矢先に、つぎつぎと舞い込むあれこれ。どうも「還暦」を理由に手を休めることを、仕事の神様は許してくれていないようです。

還暦を迎えた昨日の朝日は、羽田第二空港の待合室でむかえました。

心清く生きていくいこうと、思いを強くした一日でした。

これからも、皆さん、辛抱強くお付き合い方お願いします。(林哲也)

還暦.JPG

老いていく母 (17.2.3)

 昨年米寿をお祝いし、しばらく元気でいた母が一週間寝込んでしまった。
突然元気が無くなり食欲もなく、口にするのはいつも私が準備していた飲み物だけ。
スープもお粥も受け付けない。病院も拒否しひたすら寝ること7日間。
ふらふらしながら10日目でようやく何とか会話が出来るようになり、頑固な母親を病院へ連れて
行く。診断は脳梗塞だった。

とうとう来るべき時が来たかと思った。体重は30キロ台に落ち、歩行速度はますます落ちている。
入院はしたくない、皆に迷惑はかけられないと母はひたすら口にする。お陰でこれでも認知症を
患ってないのは、この気丈さからだろうか。

それにしても、老いた母が7日間も何も食べずに病みから這い上がり、何とか命を繋いでくれた事
に安堵と感謝の気持ち。それ以外なんて何もない。
今はイチゴを美味しそうに頬張る頑張り屋の母が目の前にいる。

人の命の計算なんてできやしない。今自分の出来ることを精一杯行う、ただそれだけ・・・。
(大山)

健康であること。 (17.2.2)

先日 健康診断を受けて来ました。

健康の大切さも 診断の大切さも分かってはいるものの

胃カメラなど受ける診断の内容と項目の多さのことを思うと

毎年のことながら 嫌だなぁ~と思いつつ出向いてます。

幸いその日の診断と問診では問題なしとのことでホッとしました。

が やはり健康に勝るものはなし。毎日が健康に過ごせますように・・・・

香川

 

ページトップへ