コラム

世代交代 (18.6.29)

先日、洗濯機を買い換えました。
大学進学時に買って以来13年と少々、ただの一度も機嫌を損ねることなく洗い続けてきてくれましたが、「プラズマクラス○ーが出るやつが欲しい」という鶴の一声により、あえなく勇退となりました。
とりあえず洗えればいいやぐらいの期待値しか持ち合わせていない人間からすると、家電の進化を感じさせる目新しい機能の多くは持て余しそうですが、また長持ちしてくれればいいなあと思う次第です。

それにしても、音声機能が付いているのはまあイマドキだなあという感想ですが、電源を入れると「お洗濯、お疲れ様」というメッセージが流れまして、思わず「今から、お前がするんやぞ」と返したとか返さなかったとか。

藤原
ページトップへ