コラム

自転車騒動。 (10.9.30)

 マンションに置いていた娘の自転車が何者かに盗まれる事件が発生。近所中を探したが見つからない。塾や、おばあちゃん家など、暗くなってから自転車で行ってるので1日も自転車が無いと不便だ。

たちまち困ったが、悪いことばかりではない。マンションの管理人さんは廃棄予定の自転車の中で乗れそうなものを見つけて来てくれて、近所の自転車屋さんは無料でカギを壊して中古の別のカギをつけてくれた。そしてじいちゃんとばあちゃんがピカピカに磨いて、娘は大満足。

・・・それから一週間。元の自転車が自転車置き場にそっと返却されていた。子供の仕業だろう、名前の書いてある自転車を盗んで心がとがめたのなら、もう2度とそんなことをしないだろうと思いたい。

(是松 郁子)

ページトップへ