コラム

後輩と東京オリンピック (18.5.2)

先日、空手道競技の香川県大会が行われました。青春時代を空手道に捧げていた自分にとっては懐かしい大会です。自分はもう引退した身ですが、やはり結果が気になります。
あまり知られていない話ですが、今の香川県の空手道は年少者の指導環境が充実したこともあり、世界で活躍する選手達が増えています。特に今の大学世代、高校世代は全国優勝経験者、ナショナルチーム所属とオリンピックへの期待が高まっています。
今後楽しいことばかりの道ではないと思いますが、2年後の東京オリンピックで金メダルを取れるようさらなる成長と、活躍を期待しています。

金藤
ページトップへ